ブログ

ブログ

織物の歪みその2

こんにちは!

織物の歪みその2の阪上元彦です。

織物ってタテ糸とヨコ糸でできています。

中島みゆきさんの曲にありますね。

 

織機はタテ糸を屈折させ、ヨコ糸を真っ直ぐ挿入、直交させ織物にする機械です。

なので、理想的な織物はタテ糸がやわらかくクネクネ曲がり、ヨコ糸がピーンと張り直線なのです。

しかし実際の織物では、ヨコ糸も少し屈折します。

幅方向に織物が縮むのはそのためで、それが織物の歪みでもあります。

織物の歪みについては、前に書きましが、もう少し突っ込んでみましょう!

では、その歪みはどうすれば小さくなるか?

 

そうです!理想的な織物に近づければ…

タテ糸をやわらかくクネクネ曲げてやればいいんです!

簡単な方法は、タテ糸張力を小さくすること、ユックリ織ること、など‥。

そうすることで、理想的な織物に近づきます。

あ、だから理想的な織物は、柔らかいということですね。

 

阪上織布は、理想的な織物に近づける技をいくつも持っています。

実は超高密度織物、幅方向の縮みはほとんどありません。理想的な織物なんです!

 

超高密度織物の断面図などの写真を紹介します。

左上の丸い写真、上下方向がタテ糸で、左右方向がヨコ糸です。糸に平行に切った断面図もあわせて見れば、タテ糸ヨコ糸で違いがありますね!

超高密度断面 ペイント版

どうでもいいですが、「阪上さん。人間の歪みはどこに出ると思う?」

「‥」

「ああ、阪上さんの顔にメッチャ出てるわ‥」

「ほっといて!」

ページトップへ